不二サッシリニューアル株式会社
リサッシ工法
mv

ガラス障子を取り替えるだけの
不二サッシ独自の工法。
窓の広さは工事前と変わりません。
(窓のサッシが不二サッシKJ-Bの場合) 既存サッシのタイプによっては施工できない場合があります。 既存サッシのタイプによっては寸法が狭まる場合があります。

改修前の開口面積を確保(既存サッシが不二サッシKJ-Bの場合)
窓の広さは工事前と変わらない大きさで確保できます。
窓機能の回復
古くなった窓の機能を回復します。
戸車や気密材が新しくなれば、操作性や機能が高まり、耐久性向上にもつながります。
  • 気密性

    高滑動性ポリオレフィンの使用で、高い気密性と軽い開閉力の両立を実現。また、気密ラインを従来の「枠気密型」から「障子気密型」に変更することで、性能を大幅に安定させました。

  • 水密性

    ガラス溝が14mm(国土交通省仕様)に広がり、グレージングスピードのグリップ力が高まるとともに、ガラス溝内の排水経路が確保されます。

  • 耐久性

    戸車の材質を従来のナイロンより硬くなる強度の高いポリアセタール樹脂(POM)に変更することで、耐久性が大幅に向上します。

  • 操作性

    下枠をアタッチ材で覆うことで、下枠レールの傷み・摩耗をカバーし、開閉機能を回復させます。

部材が少なく済み、コストの低減
カバー工法に比べて部材が少なく、低いコストでお部屋の窓をリフレッシュできます。
換気框
換気框取り付けも可能です。

kanki-kamachi

施工手順工事時間の目安(条件により異なります)1か所あたり 30分〜60分

  • 1
    flow-glass
    現状ガラス障子撤去室内外の床を養生して、現状のアルミサッシの障子を外します。
  • 2
    flow-glass
    アタッチ材取り付けアタッチ材を取り付けます。
  • 3
    flow-glass
    新規ガラス障子
    吊り込み・作動調整
    新しい障子を吊り込んで、作動調整をします。
  • 4
    flow-glass
    完了

性能表示

リサッシKJ
ガラス溝幅 14mm
対風圧性能 S-4〜S-6
気密性 A-3
水密性 W-5
遮音性※ T-1
断熱性※ -

上表は一般的なガラスを使用した場合の性能値です。使用するガラスにより異なります。

窓・サッシのリフォームに戻る

不二サッシリニューアルのリフォーム